by

高級の白いカシミアの選別

 

1. シンジンスト区を選ぶ理由:


altai.pdf-5
核種はバヤンホンゴル県のシンジンスト区で飼育されています。

 

2. シンジンスト区のザラージンスト白ヤギのカシミア品質:


年齢、
性別
繁殖 2010 マージン
n 原毛[gr] 直径[ミクロン] n 原毛[gr] 直径[ミクロン] 原毛[gr] 直径[ミクロン]
1歳のメスヤギ 55 263.5± 9.45 13.9±0,25 28 300±0.32 14.84±0.14 36.5 0.94
1歳のオスヤギ 50 258.5± 8.57 14.25±0,54 17 370±0.43 15.35±0.26 111.5 1.1
メスヤギ 50 286.5±8.12 15.34± 0,25 30 320±0.41 15.36±0.23 33.5 0.02
オスヤギ 5 377± 12.25 16.5±0,24 19 510±0.63 15.96±0.25 143 -0.54

 

3. アルタイカシミヤ株式会社によって加工された白いカシミアの品質:


altai.pdf-6

2009 – 2011

ザラージンスト白ヤギ


ゴビ砂漠の牧草地での繁殖に適したカシミヤと肉用の白ヤギは、2000年にザラージインスト白ヤギと命名されました。遊牧民協同組合は、ヤギの生物学的および経済的利点を改善するために、繁殖作業を組織し、長年にわたって努力を重ねています。

ザラージンスト白ヤギの成人オスは約58kgで、メスヤギは約40kgです。オスヤギから380グラムのカシミヤ、メスヤギから290グラムのカシミヤを得ることができます。カシミヤ繊維の平均直径は16〜16.5ミクロンです。 ザラージンストヤギは、バヤンホンゴル県のシンジンスト区で飼育されています。

12231

 

シンジンスト区


人口:シンジンスト区は4つの町、631家族と2287人で構成されています。
地理的位置:バヤンホンゴル県には標高2000メートルの丘陵、台地、谷の山脈を持つ160万ヘクタールの土地があります。 南部には、標高2557メートルのザラージンストボグド山と標高2480メートルのセゲスツァガーンボグド山があります。 中部と西部には、モンゴルの最低地点であるインゲンホーボル /695.5m/とトリブラグ / 729m /という名前の海峡があります。

気候:シンジンスト区は激しい気候があります。 冬は降水量が少なく、低湿度で空気が乾燥しています。 春は風が強く、時には風速が毎秒40メートル以上になります。 この場所は基本的に中央アジアの乾燥した砂漠地帯を特徴としており、草原の砂漠、典型的な砂漠、乾燥した砂漠の複合体です。

牧草地:シンジンスト区の総面積の25%である400ヘクタールにザグ森があります。その地域には、タマリスク、エルム、ブラシなどの植物が栽培されています。シンジンスト区には砂漠と草原両方ともあります。そこには45種類の植物が栽培されています。 1ヘクタールの面積で173キロの作物があり、そのうち107キロは家畜によって使用されます。主な家畜には、羊、ヤギ、ラクダがあります。

 

一次処理における品質管理


altai.pdf-8

 

加工されたカシミヤの品質率


2011

長さ[mm]

37,8 mm

直径[ミクロン]

16,8 mic

原毛[%] 

51,3 %

2012

 

長さ[mm] 直径[ミクロン] 原毛[%]

1

38.68

15,84-16,09

52

2

38.74

16,16-,16,67

51,5

3 40.2 16,73-16,89

53,6

 

紡績時の品質管理


altai.pdf-9

 

糸の品質管理


品質特性

MNS標準特性

試験検査

糸数26/2

26 25.5
糸のゆらぎ 2.5 1.12
マージン   0.52
ねじれ 220 230
強度 240 238

 

編成工程および完成品の品質管理


altai.pdf-10


newsletter_text