by

5種類の豪華希少なカシミヤ繊維


yamaa9 バヤンデルゲルのレッドヤギ

ヘンティーのバヤンデルゲルヤギは天然ベージュと赤みの繊維を持っており、自然で暖かい魅力的な外観を与えます。ヘンティーのバヤンデルゲルヤギは「ヘンティーレッド」として日本で知られています。特に90年代後半と2000年代前半に渡って日本で人気が出て注目を浴びています。特殊な品質は、日本先端技術で作られた紡績機や織機によって自然状態に保たれています。

 

yamaa3 シンジンストの白ヤギ

 

シンジンスト区のシンジンスト白ヤギのカシミヤは、16〜16.2ミクロンで長さは約40mmです。モンゴルの白いカシミアは、国際市場では、黒い獣毛を含んだ直径が16.7ミクロン以上でオフホワイト色であると知られています。しかし、Zaraa Jinst族の純種からの慎重な選択と繁殖によって、黒い獣毛を含まない、直径が15.7ミクロンで長さが38mmの白色の高品質繊維を取っています。

yamaa10 バトツァガーン青ヤギ

バトツァガーン青はカシミヤ繊維のもう一つの希少な種類です。名前は、このヤギの品種に固有の青い獣毛に由来しています。整毛されたカシミアは、青い灰色のキャストを持つ自然なベージュで、非常に男らしい外観で、男性の衣服に理想的です。カシミヤの直径は17.5ミクロンであり、これが国際的に認知され、優れたカシミアとして認められている中で上限値であり、長さは42mmです。


 

cap5 白いオボー

白いオボーは、最も天然ベージュ繊維を持っています。繊維の直径が約15.8ミクロンで長さが40mmである。


 

rc30 ドルボルジン褐色

 

ホブスゲル県のドルボルジン褐色は、繊維の直径が約16.3ミクロン、長さが42mmで、モンゴルヤギの中で最も良い茶色の繊維を持っています。

※すべてのカシミア繊維の直径と長さは冬の寒さに左右されます。 冬が寒いほど、カシミア繊維のミクロと長さは大きくなります。


newsletter_text